読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさみ本棚

うさみの本棚です。おすすめされた本を読みますので、おすすめ教えてください!

西寺郷太著「プリンス論」を読んで。

プリンス論 (新潮新書)
ノーナ・リーヴス西寺郷太さんというか、
名著「マイケル・ジャクソン」の著者の西寺郷太さんのプリンス論です。


私、プリンス詳しくないんです。
タイトルと曲が一致するのってパープルレインとエンドルフィンマシーンくらい?
あとバットマンのとか?
あ、S.S.Tもわかる。あのチャリテイのやつ。あれはすごく好き。


この本は
「プリンス、何から聴こうかな」
という問いに答えが出る本です。

どんな本でした?

プリンスの幼少期から2015年くらいまでのことが時系列っぽくまとめてある本。
プリンスは非常に多作なので、プリンスの人生がアルバムや曲のタイトルに埋もれているような構成。
時々自分の話とかその時代時代の話に飛ぶけど、雰囲気が伝わってきて楽しい。


序盤に出て来る
プリンスってどんなアーティストか聞かれたら
『プレイヤーとしてだけ見てもドラム、ベース、キーボード、ギター、ボーカルのどれも一流で、
さらに作詞作曲もできて、自分の曲はもちろん、楽曲提供した曲でも大ヒット曲も多数。』
って答える。みたいな話を読んで、改めてすごいなーと思った。
この人、パラメーター設定がどう考えてもおかしい。
マルチプレイヤー過ぎる。


上にあげたS.S.Tという曲は2005年のハリケーン被災者へのチャリティシングルで、
ハリケーンの一週間後には全部自分で演奏して歌も歌ってリリースして、
しかも超スバラシイ曲で、かつチャリティソングなのにポップ。というのが好きです。
暗くもほわっと優しくもせず、ポップなチャリティソング。


この本は1~6章に分かれているんだけど、
徐々に盛り上がります。
人生のいくつかの場面をピックアップして、
文章に落とし込んだような感じ。


黒人ミュージシャンがまだ今ほど世に出ない時代に
MTVに出るまでの話。
We Are The Worldの話。
人種差別や災害と言った、世の中の状況。
グラミー受賞、、グラミーのプレゼンターをやったエピソード。
マイケル・ジャクソンとの対比。
時代時代の恋愛や結婚などなど、
おそらく当時は「ただの出来事」だった一つ一つが、
一本のストーリーとしてまとまって読めます。


本当に多彩なアーティストで、
かつ一人の人間だったんだなー、
と思います。


この「偉人も一人の人として苦悩する」って、
偉人のことを書いた本だとよくあるテーマだよね。
マイケル・ジャクソンももちろんだけど、
チャールズ・リンドバーグとか、
スティーブ・ジョブズもそうだよね。

こんな人に読んで欲しい本でした。

・プリンスって名前は聞いたことあるけどyoutubeとかにもないし
 なにから聴いたらいいかわかんない、という人
・プリンスの曲、聴いたことあるけど、最近聴いてないなーと言う人
西寺郷太さんの文章のファン
・80's が好き
・「天才」と聞くと興味がわく