うさみ本棚

うさみの本棚です。おすすめされた本を読みますので、おすすめ教えてください!

革命のファンファーレを読んで、読書感想文。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

クラウドファンディングとかクラウドソーシングとかを使ったらこんなことができたよ。
…っていうと楽してそうに聞こえるけどそんなことなくてむちゃくちゃがんばってるよ。」
というご報告のような本。


以前、週刊少年ジャンプのまんがで
バクマン」っていうまんが家志望の若者二人が、
がんばってついに連載を持って…。というまんががあったけど、
主人公たちのライバル的な人の中にいたよねたしか。
「大勢で意見を出し合ったり多数決したりしながらストーリーを作る」
みたいな人。


あれのもっとすごい版をこの人は絵本を作るのにやったそうで。
このページの空はAさん、建物はBさん、次のページの〇〇は…。
てな感じで分業したそうです。


んで、作り方にもカラクリがあるし、
売り方にもカラクリがあるんだよ、と。
著者が増えるとその分買われるから売上も増えるとか、
クラウドファンディングで先に1万冊の予約が取れてれば
「初版3千部しか印刷しなくて超品切れしてさあ大変」
てなことにもならない、と。

こんな本でした。

超売れた絵本の作者さんが、
その絵本や、以前に出した本のことも交えつつ、
売れた絵本の売り方を自己分析した本です。

「この通りにやったら売れるよ!」
というものでもないけど、
何かを作って世に出す人は一度読んでおくと
その後の活動に幅が出そうな本。


大人気の絵本がどう作られたか、
どんな戦略で売られたか。
また、その経験を生かしてこれから何をしていこうとしているか。
そんな本です。


「どれだけ信用されるかが大事」
みたいな話はほんと、納得する。
知られるだけじゃだめで、
信用されることだよ、と。

こんな人におすすめしたい本でした。

西野亮廣ファン
・本を作って売りたい!と思っている
・絵本作家になりたい!と思っている
・本を出したが売れなかった
・絵本を出したが売れなかった
・本じゃなくても、なにかを作って世に打ち出したい


あ、
「革命のファンファーレ」というのは、
かっこいいけど中身を的確に表してない感じがするんだよね。
「革命後の処世術」とか
「革命のファンファーレを聞きながら、
 新ルール適用後の世の中の荒波を乗り越える!」
みたいな本なんですよ。