読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさみ本棚

うさみの本棚です。おすすめされた本を読みますので、おすすめ教えてください!

読書で賢く生きる。を読んで、読書感想文。

中川 淳一郎 漆原 直行 山本 一郎 読書 読書感想文

読書で賢く生きる。 (ベスト新書)
占い師の真木あかりさんのtwitter
のファンなんですが、
日々twitterに「星回りとことば」というのを公開されてるんです。
いろんな本からいろんな言葉を引用されてて、グッときます。


で、ある日こんな言葉を紹介してたんです。


この本は、
これきっかけで読んでみた本。
実は、読んでる最中はぜんぜんこの言葉に気づかなかったんだけどね。
おかげで良い本が読めました。
ありがとう真木あかり先生。

どんな本なの?

「ビジネス書マニアがビジネス書の話をして盛り上がる」
という本です。
ビジネス書愛がハンパ無い3人が、
たくさんの本が紹介している、愛に溢れた本。


著者三人はビジネス書への愛が強すぎる。
愛ゆえに偏りがあったり、
「結局これとこれだけ読んでりゃよくない?」という、考えすぎて何周かしてそうな結論が出てきたり、
特定の著者をいじってみたり、とても楽しそう。


この「特定の著者をいじる感じ」のが、面白い。
なんというか、独自の芸風とファンを手に入れた人に対する、
黒いような白いような気持ちがあって出てくる言葉。


シンガーソングライターでもさ、
中島みゆき松任谷由実aikoあたりの
「芸風とファンを手に入れてるっぷり」ったらないじゃないですか。


勝間和代長渕剛か。
よく言えば上手に立ち位置を作ってる。
悪く言えば「セルアウトしてる!金に魂を売った!」みたいな話。


かと思えば
ビーチボーイズのこのアルバム聞いとけばとりあえずなんとかなる」
みたいな古典/クラシック的な本のおすすめしたりする感じが面白い。


音楽よりも速いペースでビジネス書のブームは移り変わるから、
こういう本を読んで古典の良い本の名前と、
新刊の選び方を身につけるのはよいことかもしれない。

こんな人に読んで欲しい本でした。

・「人がおすすめする本しか読まない」とか言う人
・ビジネス書、読みたいけど何を読んだらいいかわからない人
・ビジネス書、読みたいけど選び方がわからない人
・著者3人のうち誰かのファンの人